大学院受験生に

菅野・平山研究室への訪問を歓迎します。
研究室へ訪問の際は念のためE-mailか電話で事前に連絡してください。 気楽にお立ち寄りいただき、部屋の雰囲気を見てください。

菅野了次・平山雅章

連絡先

菅野了次 教授
kanno<at>echem.titech.ac.jp
045-924-5401

平山雅章 准教授 
hirayama<at>echem.titech.ac.jp
045-924-5570

〒226-8502
横浜市緑区長津田町4259
G1-1
東京工業大学G1棟10F

メンバー・研究テーマ

研究課題

 現在、研究室で進めている研究テーマを次に示します。
リチウムとプロトン、酸素というイオン導電種を中心として、固体化学と電気化学の境界領域で独自の研究領域を拓く努力しています。
教育機関としての大学の研究ですから、基本的には研究テーマはすべてオープンにしようとしています。しかし、研究テーマがあまりに意欲的すぎて(?)表に 出すのが恥ずかしいとか、まだ成果が出ていないとか、試行錯誤を繰り返しているとかで、歯切れの悪いところもあります。研究テーマを見て頂ければ、我々の 研究チームがどのような方向に向かっているのか、おぼろげながらわかって頂けると思います。

1.凝集体の合成、構造と物性

  • パイロクロア酸化物、ペロブスカイト酸化物の超高圧合成、PLD薄膜作製。
  • 中性子線、放射光による構造解析
  • イオン導電特性、電荷交換反応の解明
  • イオンー電荷交換反応特性、燃料電池への展開
  • 三角格子、パイロクロア格子、カゴメ格子のフラストレーション磁性
  • 主な物質系:ペロブスカイト酸化物、パイロクロア酸化物、層状岩塩型酸化物、オリビン型、ナシコン型酸素酸塩

2. リチウムを中心とした新規電気化学デバイスのための物質開拓

  • インターカレーション電極:オリビン型リン酸塩、層状岩塩型複酸化物
  • 新規な反応機構をもつ電極:オングストロームからナノサイズの細孔を持つ遷移金属酸化物
  • リチウムイオン導電体:チオリシコン

3.プロトンを中心とした新規電気化学デバイス構築のための物質開拓

  • プロトン導電材料:中温域で高い伝導率を持つ物質開拓
  • プロトン吸蔵材料:遷移金属窒化物他

4. 酸素を中心とした新規電気化学デバイス開発のための物質開拓

  • SOFC電極の構築、低温作動SOFC

5.電極反応解明のための理想電極反応場構築と物質開拓

  • PLDを用いたエピタキシャル薄膜合成と、電極反応場での構造解析
  • 理想界面を創り出して、電極反応を調べる

6. 全固体型電気化学デバイス構築

  • 最高のイオン導電率を持つチオリシコンを電解質に用いた全固体電池の開発

研究室メンバー(2017年度)

  •  教員 3名
  •  研究員 8名
  •  技術支援員 2名
  •  博士課程 9名(D3: 2名, D2: 4名, D1: 3名)うち留学生1名
  •  修士課程 16名(M2: 7名、M1: 9名)
  •  秘書 1名